格安SIMはクレジットカード払いが基本!?料金の支払い方法を解説

 

 

格安SIMはクレジットカード払いが、基本的です。

 

ではなぜクレジットカード払いが基本なのでしょうか?
それ以外の支払い方法は無いのでしょうか?

 

詳しく紹介していきます。

 

 

クレジットカード払いで支払いを確約したい

 

 

 

格安SIMサービス(MVNO)の月額料金支払いのほとんどが、クレジットカード払いに限定されています。

 

これは「クレジットカードを保有できる」ということは、カード契約時の審査において十分な支払能力を評価されていることと同じです。

 

格安SIM事業者としても、「きちんと料金を確実に支払ってくれる」と見なすことができるから、クレジットカード払いにしたいということになります。

 

口座振替でもOKなキャリアの場合と違い、こうしたクレジットカード保有者のみをユーザーとすることにより、料金をまちがいなく回収する。
そうして事業者による負担を大幅に減らして格安にする狙いがあります。

 

そのため、クレジットカードでも、デビットカードは認められないケースが非常に多いです。

 

 

一部のMVNOでは口座振替やデビットカードで支払可能

 

しかし格安SIM事業者、すなわちMVNOによっては、口座振替やデビットカードなど、クレジットカード以外でも支払可能です。

 

筆頭は楽天モバイルです。
最近では新たに口座振替でも支払可能になりましたし、楽天銀行またはスルガ銀行のデビットカードも使えます。

 

 

またこれ以外にも、入会特典が他のMVNOと比較して大きいのに加えて「料金自体が安い」、「スターターキットの発送が早い」などの優れた点があります。

 

他に例を挙げると、BIGLOBEはデビットカードこそ使えませんが、データ専用の場合に限り口座振替での支払が可能です。
プロバイダなどの契約を持っている場合は、NTTやKDDIの料金とまとめて現行の支払方法により払うことが可能です。

 

またNifmo、mineo、UQモバイルなどもデビットカードが使え、最近注目のLINEモバイルではLINEPayカードというプリペイドカードが使えます。

 

 

クレジットカード以外の方法には注意が必要

 

 

クレジットカード以外の方法も使えることは審査になかなか通らない方などには便利ですが、独自の注意点もあります。

 

口座振替の場合、ほとんどの場合実料金の他手数料がかかりますし、届出事項の記入が面倒だったり時間もかかるという難点があります。

 

またデビットカードの場合、カード契約時の審査がないとはいえMVNOサイドでの審査がある場合が多いです。

 

例えば、対象のデビットカードの利用実績が1回でもあるのに加え、引落口座に料金3ヶ月分以上の残高があるなどが条件になってきます。

 

また過去には利用できたDMMモバイルでは現在は利用できなくなっているなど、いきなく使えなくなる危険性も認識しておく必要があります。