格安SIMは思ったより安くない!?こんなケースに注意しよう

格安SIMは思ったより安くない!?こんなケースに注意しよう

 

「格安SIMが思ったより安くない!」

 

たまーにこのようなことを言う人がいます。

 

しかし、格安SIMは確かに安いのです。

 

安く感じないという人は、プランの組み方や使い方に問題があります。

 

では、どのような時に格安SIMは高くなってしまうのでしょうか?

 

ケース別にご紹介します。

 

 

通話の時間や回数が多い

 

格安SIMを使ってるけど料金が高いという人は、まず通話を疑ってください。

 

最近ではかけ放題プランが出てき始めている格安SIMですが、かけ放題プランが無い格安SIMも多いです。

 

かけ放題プランに入っていなければ、スマホの通話料金は30秒20円(税抜き)かかってしまいます。

 

通話の時間や回数が多い場合、かけ放題プランのある格安SIMに乗り換えたり、通話アプリを利用するなどしてカバーしてください。

 

 

購入したスマホ端末の代金が高い

 

格安SIMと一緒にSIMフリースマホをセットで購入できます。

 

このときに気を付けてほしいのが、SIMフリースマホの端末価格です。

 

SIMフリースマホは性能が高いわりには価格が安いのが特徴ですが、中には価格が高いSIMフリースマホも存在します。

 

価格の高いSIMフリースマホを分割購入した場合、料金が高くならないように、購入するスマホもしっかりと検討しましょう。

 

 

データ通信が多すぎる

 

データ通信を頻繁に行いすぎてチャージをし過ぎてしまったなどの場合にも料金が高くなってしまいます。

 

適切なデータ通信容量を選んで、データチャージを行わないようにしましょう。

 

 

 

格安SIMの使い方や契約を見直して料金を安くしよう

 

格安SIMを使っているけど高いという人は、使い方や契約内容が間違っています。

 

使い方や契約内容の見直しを行い、安くスマホを利用しましょう。